FC2ブログ

skyrim CTD 対策 その②

前回はツール系でしたので今回はModとその他を紹介



環境はその①を参照のこと
あくまで自己検証なので100%効果が有るかは分かりません
実践は自己責任でお願いします。

Possessive Corpses no more lazy zombies and shy nirnroots URL
これはいわゆるセーブデータの肥大化を防いでくれます。
セーブデータが大きくなると、カクツキやFPS低下が起き、場合によってはCTDすることも有ります。

このModの機能
・NPCが落とした武器がリスポーン時に消える
・死の灰が残らなくなる
・ニルンルートのエフェクトが残らなくなる など

肥大化してしまったデータを元に戻すものではありません なので導入した状態でニューゲームすることを推奨
肥大化したセーブデータをクリーンアップするツールが来ました! β版らしいですが試してみる価値はあるかも(自分はまだ試してません) 使用の際は説明をよく読んでどうぞ!

※"Unofficial Skyrim Patch"(USKP)に同梱されているが、自分としてはUSKPは入れず、これのみを導入することを推奨  USKPによって新たに不具合が起きる可能性が有るため


ここからはパフォーマンス向上に貢献してくれるModを紹介

Skyrim Performance PLUS URL
落ち葉や雪 雨などのテクスチャを抑え、動作を軽くしてくれるMod

No Menu and Loading Smoke URL
メインメニューとロード時の煙を消してくれるMod
ロードスピードが格段に上がります


次は小技


クリーンセーブ
クリーンセーブとは? →30日間待機しセーブする事

方法 「skyrim CTD 対策」より抜粋
No Boring Sleep-Wait Menuを入れる ※このMODは待機メニューを720時間(30日)に増やします。
②コンソールでcoc qasmoke
③コンソールでtfc
④待機メニュー(T)でスライダ右端にして待機
⑤再びコンソールを開いてtfc
⑥コンソールでcoc whiterunなどで戻る
NPC増加系などのModを入れる場合は導入前と導入後でなるべく行いましょう


これらのことをその①と併せ行う事で自分の場合は格段に軽くなりました

CTDなどでお困りの方是非実践してみてください。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment