FC2ブログ

skyrim CTD 対策 その①

「最近skyrimが重い カクつく ゲームが良く落ちる(CTD)する」と言う方へ
パフォーマンス向上用のツール、Mod、小技(?)が沢山有りますが、自分が試して効果が有ったという物をまとめて紹介します。

ツール系は使用前によく説明に目を通しておくと安全かつ色々と勉強になります

自分の環境
skyrim ver.1.8→ver.1.9(2013年3月より) ※英語版exe を日本語化したもの
Windows7   64bit
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 560
メモリ 8G
あくまで自己検証なので100%効果が有るかは分かりません
実践は自己責任でお願いします(`・ω・´)


●SkyrimLauncher
まずは初期設定
※ここで設定を低クオリティにすれば当然カクツキは減りますが、見栄えを犠牲にすることになります。
※どこまで我慢できるかはドバキン次第なので納得行く設定はご自分で探してください!

参考までに私の設定をご紹介します!

一番下と下から2番目の赤線の部分をoffにします。(okボタン上のShow all resolutions のタブも外しています)
Launcherr.jpg


"Advanced,,,"ボタンを押してDetailタブの設定で
①上の項目を全てまずは一段階下げてみる(どうしても重い場合、ShadowはLowで良い)
②FXAAのチェックを外し、代わりにSMAAを導入する ※詳しくはskyrim CTD 対策参照のこと
③Waterは重いと感じたら外す程度で良い

Launcherr2.jpg


同じく今度はView Distanceというタブで
①右側のDistant Object Detail を一段階下げてみる
②その他の項目はプレイ中のオプションで変えられるので、不自然にならない程度に調整する
③Distant object detail は遠景の設定です。 下げすぎると遠くの山が安っぽい絵みたいになるのでここの匙加減はプレイヤー次第かと
Launcherr3.jpg



●Modのロードオーダー
ロードオーダーとは何か
Modの読み込みの順番のこと
正しい順番で読み込まれないとModによっては不具合の原因にも成りうる
必要なesp或いはesmが無いと起きるCTDはWrye Bashを使えば一目でわかります。

★ロードオーダーの設定の仕方
Bossの使用

Bosspic_2014122621591716d.png

Bossとは? → 大量のModを正しい順番に並べ替えてくれる超万能ツール
導入に関する詳しいことはwiki参照のこと

しかし便利なBossでも、新しいModには対応していないことも・・・

そこで便利なのが皆さんおなじみ「Nexus Mod Manager」(以下NMM)

②NMMで手動ロードオーダー調整
Modの説明文などに、ロードオーダーに関する説明が有るが、Bossだとそのように並べ替えてくれないことが多いので、NMMでドラッグ&ドロップで手動で並べ替えちゃいましょう。
NMM_20141226220118a9e.png

①Pluginタブを開く
②Modを並べ替える


作業手順としては
「最初にBossで並べ替え あとからNMMで微調整」 が理想


TES5Edit によるクリーニング
今までの中では最も強くお勧めするツール
しかしすべて英語なので使い方が分からない方も多いでしょう

そもそもクリーニングってなんぞや? → Modが生み出す不必要なデータを削除し、動作を軽くすること
クリーニングが必要なModってどうやって見分けるの? → 大抵はBossが教えてくれます(新しいModを導入したら逐一クリーニングしてみるのがベスト)
clean_20141226220140caa.jpg



ここでは簡単にクリーニングの仕方を紹介(画像はサンプルです。お使いのPCによっては見た目が異なります)
RETROPOLIS」様より抜粋+補足

1,起動したら右クリック「Select None」で全て外してからBossが教えてくれたesp/esmにチェック→「OK」
20130126180307118_20141226220119455.png


2,ロードが終わったら ※finished 左枠で右クリック「Apply Filter」
20130126121130c5c_20141226220120f20.png



3,Filter選択画面で「Conflict status inherited by parent」のみチェック入れ「Filter」
20130126121128003_201412262201226c2.png


4,「Filterling Done」が出たらクリーニングするesp/esmを右クリック「Remove "Identical to Master" records」
20130126121130b78_2014122622054518d.png


5,WarningがPopupするので数秒待って「Yes」
6,「Removing "Identical to Master" records done」確認(右側のレポートに出ます)
7,再度esp/esmを右クリック「Undelete and Disable References」 ⇒完了
8,TES5Editを終了。セーブ確認が出るのでセーブ。
※セーブ確認が出ない場合は、クリーニング出来ていないor掃除の必要なし
※セーブされたファイルは「Skyrim/Data/TES5Edit Backups」に保存される

これでクリーニングの一連の流れは終了です。

しかし!!

Bossの自動ロードオーダーが完璧でないように 要クリーニング報告も100%完璧ではありません!(80%ぐらい)
なので手順1を"Select None"ではなく"Select All"でやってみて
全Modをクリーニングしてみてください。

ツールに関してはここまで
対策②では パフォーマンス向上Modとその他について紹介します

Skyrim CTD対策 その② へ


参考サイト様 special thanks
skyrim CTD 対策
RETROPOLIS
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment